FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【PC関係】雪原2

Twitterでも画像を投稿したVGAクーラー「雪原2」ですが、ブログでもざっくりと書いてみたいと思います。


※この記事を読むに当たって注意事項※

メーカー保障を受けられなくなる行為を行っております。
同様の行為を行う際は自己責任となります。
また当ブログでは、責任を負えません。





今回購入したのはこれ!

サイズ 雪原2 高冷却薄型VGAクーラー SCVSG-2000サイズ 雪原2 高冷却薄型VGAクーラー SCVSG-2000
(2010/11/01)
サイズ

商品詳細を見る


今値段を見ると2580円になってますね。
私が買った時は2000円をきっていました。(Amazonでもなかったですが)

TERAを長時間やってると、クーラーの無い私の部屋だと、室温も関係してきて、VGA温度が90℃を超える事もしばしば。
これではパーツ寿命が縮まるなぁ
と長い間GTX470をリテールクーラー(元から付いてるクーラーの事)で凌いでいた私に朗報が。
安くて、効果が目に見える製品があるとの情報をキャッチしたので、早速購入してみる事にしました。

そして届いたものがこちら
雪原2 2

次に、取り付けるためにPCから取り出した我が家のGTX470はこちら
雪原2 1

右側に見えるファンから吸気を行い、メーカーロゴ「ZOATAC」の「O」の上の所に、一番発熱するチップがあって、そこを空気が通過して冷やす方式です。
今販売されてるVGAの殆どがこの形ですね。
この形は、内部に廃熱をばら撒かず、直接カードからPCケース外部に排出される為、内部温度を上昇させず、また音も比較的抑えられるメリットを持ちます。

雪原2などの、形はCPUファンでは一般的となっているタイプです。
チップから発熱した熱を、ヒートパイプがヒートシンクに伝えて、FANが風を当てて冷やすという方式です。
上の写真(amazonアフィリエイト)で言うと、っ左側の4本のオレンジ色のものが、ヒートパイプで、主に熱伝導率の高く、コストの安い銅が用いられる事が多いですね。
そしてヒートシンクはちょっと見え難いですが、黒いファンの後ろ側の銀色の部分がそれです。
ヒートシンクはファンから送られてくる熱によって冷やされるのですが、その表面積が広ければ広い程、効率が高くなるため、板状のヒートシンクが細かく並べられています。
こんな感じ↓ ※写真は今回紹介した製品の前モデルです。

雪原2 4

この写真だと、ヒートパイプが熱を持ってきて、ヒートシンクが持つ大きな表面積で、ファンの風を最大限に利用して熱を下げる、というのが分かりやすい、かもしれません。

今回VGAクーラーの換装は初で、日本製品だから、取説読めばなんとかなる、と油断してのスタートでした。
またリテールクーラーの取り外し方など、基本的にメーカーの意図した行為ではない為、案外時間がかかり、更にバックプレートを取り付ける時や、サイドにあるチップに取り付けるヒートシンクの粘着テープが弱くて困ったとか、経験不足もあって、思いのほか難産でした(苦笑
多分最終的に取り付けるまでに2時間弱かかったんじゃないかな。
最初のリテールクーラー取り外しに時間がかかりすぎましたね。

ともあれ、苦労しましたが無事取り付けできたものがこちらです。
雪原2 3

写真左側にファンコン(ファンの風量を調節できる)があるのですが、我が家のPCケースでは、ファンコンのつまみがI/Oブラケットを通らなかったので、ケース底に置いてます。
まぁ頻繁に調節しないですし、この点はいいかなと思ってます。
あと私は基本的に 騒音<冷却性能 というタイプで、PCケースのファン全てはMAXにして、冷却性能を最大にまで高めて使用しているので、雪原2も70%ぐらいの回転数で使用しています。
100%にすると、結構煩いのと、高回転数によるファンのブレによって、PCIスロットに入れてあるパーツとぶつからないようにするためです。


さて、次のPCパーツは、そろそろCドライブが40GBでは辛くなってきたので、新たなSSDを購入して換装してみたいと思ってます。
まぁ暫くはお財布と相談ですし、11月にはCoD:MW3も発売されますので。
ということで、今回はこれぐらいで。
関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

Latest Article
Monthly Archives
Latest Comments
Link
Counter
RSS
QR Code
QR
Friend Registration

この人とブロともになる

著作権・商標・免責について
本ブログ及び本ブログ上に掲載される個々の文章、写真、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各社または原著作者その他の権利者に帰属します。

本ブログ及び本ブログ上の上記を除いたコンテンツの著作権は、原則として管理人が所有しています。
著作権法に定められた範囲内において使用する場合を除き、管理人に無断で本ブログ上のコンテンツを複製、転載、改変、編集、頒布、販売等することはできません。

本ブログ及び本ブログ上に掲載された内容を利用した結果生じた損害について、管理人は一切の責任を負いません。
また、コンテンツの合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。
Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Category
FPS (2)
Xbox (2)
TERA (10)
Twitetr
AdSense
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。